P!NK の行動と発信力

ビーチハンドボール欧州選手権に出場したノルウェー女子代表選手たちが、ビキニの代わりにバイカーショーツのような短パンを着用したことで罰金を科されたというニュースが世界をめぐっています。

同競技は国際規定として「女性はビキニを着てのプレー。トップスは袖がないタイトフィットのスポーツブラで、ボトムスはサイドが10センチ以内」と定められているのだそうです。

これに対してノルウェーのチームは罰金覚悟でショートパンツで出場し、罰金を科せられたところ、P!NK姉さんが罰金の肩代わりを申し出た。

日本では、世界的に活躍している世界的な歌手よりもジャニーズや吉本の芸人がメディアで跋扈していて、世界で起きている様々なニュース同様に扱いもありません。このP!NK姉さんも、どれだけ日本的に名前が浸透しているのかは不明です。

アメリカ以外のポップスもときたまYouTubeで見るのですが、日本の歌手と海外の歌手との根本的な違いは、海外の歌手は「」がうまい、音が外れないということ。おそらく日本の歌手にだってうまい人がいるのだと思うのですが、メディアと事務所があまりに彼らの商売を優先するあまりに今の体たらくになっていると思います。

勝海舟が咸臨丸でアメリカから帰ってきて江戸城に報告しに行ったとき、老中からアメリカはどうだったかと聞かれて「本質的にはさほどに変わりはありません。ただ、違うのは上に立つものはそれなりに優秀な人間が多いことです」といって老中から怒られたというエピソードがあります。

有名な」歌手が国外ではそれなりに歌がうまいしデュエットなどでは人の歌でも普通にハモれるのに比べて、日本の歌手は自分の持ち歌以外はパッとしないし、デュエットでハモって歌うシーンはあまり見かけません。これは彼等の歌心に問題があるのではなく多分に興業の影響のような気がします。

いいか悪いかは別として、根本的にはエンターテイメントに対する考え方が違うのでしょう。お笑い芸人も有名になると司会者(MC:master of ceremoniesと同義らしい)や、果ては芸術家や文化人になってしまいます。

P!NKがコロナウイルスから回復、コロナ関係基金へ100万ドル寄付を約束

こういう記事もありました。100万ドルと言えば1億1千万円です。

意見を言う芸能人、行動をする芸能人。彼等の発信力は、下手な政治家よりも大きな力を持つと思います。