PSMA治療と重粒子線・陽子線治療

PSMA治療とは

PSMA標的内用療法」とは、[Prostate Specific Membrane Antigen]は、日本語で「前立腺特異的膜抗原」といい、前立腺癌細胞の表面に存在しているたんぱく質のことだそうです。直訳してみると「前立腺に特異的な抗原の膜」と言うことになるようです。

この治療に関する記事は西郷輝彦さんが、オーストラリアでこの治療を受けたという記事を見つけたので、少し調べてみました。

端的に要約すると、前立腺癌が転移した時、転移先の前立腺癌だけを見つけて、静脈注射で体内にいれた放射線を癌細胞にだけ照射するという、甚だ合理的で副作用もほとんどない治療法なのだそうです。

が、しかし日本では放射性物質の取り扱いに関する法的制限があり、現在まで承認されておらず、大阪大学では治験に入っているとのことですが、標準治療までは道のりが遠そうです。

ドイツ、オーストラリア、アメリカでは承認されているとのことで西郷輝彦さんはオーストラリアで治療を受けたようです。癌は転移するとステージ4になりますが、肺や骨に転移した癌細胞は消滅しているとのことです。

西郷輝彦さんは「PSMA」という放射能を利用した先進医療(日本では認可されていない)を受けて癌は消失したようでしたが2022年2月20日死去されたとのことです。
前立腺を全適してから5年目の転移だったそうです。
全適してからPSAの数値が上がることは結構な確率で起きることのようですから、全摘後の経過観察を怠らないことも重要です。

ちなみに、前立腺癌は進行が遅く、他の疾病で死亡することが多いから直接の死因としてはあまり気にしなくてもいいような話もありますが、アメリカでは男性の癌の1位で、死亡の原因の2位だそうです。

日本でも生活スタイルが欧米化することで前立腺癌は増える傾向にあるようですので、厚生労働省としてはコロナワクチン並みに、認可を早めるべきと思います。

現状では海外でしか治療を受けられないため、ざっくりで600万円くらいかかるとのことです。

陽子線治療とは

癌の治療というと「外科手術」「化学療法」「放射線治療」が三大治療法になります。陽子線も重量子線も「放射線治療」になります。放射線治療で一般的なのはエックス線になりますが、エックス線は表皮で一番強くて体内に入る都度に弱まるのだそうです。そして病巣を超えて突き抜けてしまいます。

そのため病巣の前後の正常組織や臓器を痛めることは避けられなかったわけです。

陽子線は、設定した深さで最大の威力を発揮するようにできるそうで、腫瘍をピンポイントで痛めつけることができるわけです。

メリットは多々あるようですが、標準医療ではないのでお金がかかります。詳細な金額はそれぞれのケースで異なると思いますが、どこかで見た記事ではざっと300万円くらいの覚悟が必要なようです。

陽子線」というくらいですから、水素原子を光の速度に近いくらいの加速して病巣に充てるのだそうですが、粒子が水素だから細かいので、威力はX線に比べて 1.1~1.2倍くらいだそうですが、上図のように病巣にピンポイントで照射することができるのだそうです。

重粒子線治療とは

陽子線に比べて重粒子は、字にも表れているように炭素粒子を加速して照射するのだそうで、X線に比べて3倍くらいの威力があるのだそうです。

中性子線と同様にピンポイントで照射できるのだそうですが、威力があるため病巣周辺に全く影響を与えないわけではないようで、向き不向きもあるようです。

高度先進医療の対象となっている部位いくつかあり、なおかつ臨床試験中の部位も増えているようです。

高度先進医療対象

頭頚部腫瘍・頭骸底・眼球の腫瘍
肺がん(非小細胞がん)
肝がん
骨・軟部肉腫
前立腺がん部腫瘍

臨床試験中

脳腫瘍
中枢神経腫瘍
食道がん
すい臓がん
子宮がん
直腸がん術後再発

とはいえ、標準医療ではないので中性子線治療同様にお金がかかります。

まとめ

命は地球より重い」とはいうものの、標準医療から先のことになると「金次第」にならざるを得ないのも、仕方のないことだと思います。逆に数百万、数千万掛かる治療が標準医療になり保険で受けられるようになれば、医療費がどんどん肥大化してしまうことも大きな社会問題ではあります。

かといって、命の選別をするとなると基準は「何か」となってしまいます。例えば皇族とか上級国民には優先的にということは、国民的なコンセンサスが取りにくいと思います。そうなると、やはり、当面は「高度先進医療」としておいて、お金で命を買ってもらうことでコンセンサスを取るしかないことになりそうです。

そんなことにならないように、老後に備えてお金を稼ぎ、たくさん貯めておくことが、できることの最大じゃないでしょうか。

※ 2021年8月の情報として、重粒子線6ヵ所、陽子線17ヵ所だそうです。