三行で撃つ

著者は「近藤廉太郎」さんという人で朝日新聞の記者をしていたとのこと。

いまは、九州で鉄砲撃ちと百姓をしながらライティングもし、文章塾もやっているという自称「多忙・多才」な人のようです。

「自分独自の感性で世界を切り取れ」ということに尽きると思います。「うまい」文章よりも「いい」文章を書く。そのためにも独自の視点が不可欠です。

俗に漢文の絶句などで「起承転結」と言われますが、頼山陽が弟子に教えるとき、

: 大阪本町 糸屋の娘

: 姉は十六 妹が十四

: 諸国大名は 弓矢で殺す

: 糸屋の娘は 目で殺す

wikipedia

「起」で事実を述べる。「承」で、その事実を補足する。「転」では、事実とは関係のない事柄で驚かす。「結」で「起承」と「転」をまとめてフェードアウトするように作るのだそうです。

著者は、中でも一番重要なのが「転」だといいます。なんで娘の話から大名の殺し方になるのか? 「あれっ」と思ったところに「娘が目で殺す」と落とすのが文章の「妙」なわけです。

人の書いた文章なんて誰も読みたくはない。なのに、どうしても読ませようとするなら、最初の3行が勝負だといいます。最初の3行はボール球でいい。ビーンボールを投げてのけぞらし、そのあとでストライクを取りに行けと叱咤します。

これはコピーライティングでもしつこく言われていることと同じです。

以下、要点


最初の1文は長くても3行以内に書く
例として「吾輩は猫である」「木曽路はすべて山の中である」が挙げられています。後者の島崎藤村の「夜明け前」の清涼な無色透明な感じからすると、この本はいかにもな感じではあります。

常套句、オノマトペをなくせ
文章は自分だけの言葉で書き出し、書き尽くせとのこと。常套句を使っているようでは物書きとして確立はできない。

うまい文章ではなく、いい文章を書け
いい刀は、いい鞘に入っているものである。
よく切れても、抜身の刀では危なくてしょうがない。

起承転結
いかに転がすか。転がし方の方策として5つのやり方が書かれている。しかし、これを使えば「常套的」の型にはまってしまう気もする。

言葉にならない思想は存在していないのと同じ
心からの尊敬も感謝も、言葉にしなければ伝わらない。ま、特にテレワークの時代は、ますます、そうなりますね。

凡人は習慣で天性を作り上げる。習慣は第二の天性だ〈キケロ〉
人が毎日続けることができるのは「習慣」にしているから。継続するたった一つの方法が「習慣」にするということ。
そのためには一日15分以上かけてはいけない。

下手な鉄砲でも鴨が多ければ当たる
とは言っても、鴨の飛ぶ先の空間を打たなければ当たらない。
下衆な話題にもり上がっているとき、そのちょっと先を狙ってみる。

ナラティブ(narrative)
語り口」のような意味。例えるなら、古典落語。話は同じなのに語り手によって味が変わる。それがナラティブだと著者が言う。「陳述の力」
文章で言うなら文体でしょうか。強烈な樋口一葉の書き方などは、誰も真似ができない。

グルーブ(groove)
著者は「高揚感」としています。マイルス・デイビスとミルト・ジャクソンの共演で「バグスグルーブ」というのがあり、マイルスの演奏では一番好きです。まさに「ナラティブ」がある演奏です。

英単語の数
英単語を100語知っている人と500語知っている人との違いは大きくない。
1000語を超えると7000語知っている人と、ほぼ同レベルになる。
シェイクスピアを読むならば1万語から上のレベル。
これと似た話が第9話にも出ている。
日常会話では700語くらい。辞書を使わず英文を読むのには1万語。ネイティブが四で違和感のない英文を書くには1万語じゃ書けない。

第22話
太宰治の印象的な「一つの約束」が掲載されている。
ほんの一瞬のためらいで大波にさらわれる人のお話。
これが創造!
「面白いことを書く」「面白く書く」
くたばれ!正論 なんてコピーがあったが、正論が通らない政治の茶番を毎日目にしているとあえて「くたばれ」なんて言わなくても、すでに日本の社会から「正論」はくたばっている感じがする。

面白くもない世の中を面白くするといった幕末の志士がいた。面白くもないことにも、きっとあるはずの面白さを発見することが、今の世には必要だ。
広隆寺の菩薩は、なぜ、微笑んでいるか? 慈しんでいるからである。
慈しみの目で面白くもないことをよ~く見てみよう。

5W1H
文を書くなら「1H」からというものの、それって本当?
1H」って、「どのように」なわけだから、いきなりそれが来ても意味は通じないと思う。
つまり、「1H」から書くのではなく「どのように書くか」から着手するべきとのご宣託なのだろう。
そして、先頭の文章は3行以内にして、のけぞるようなボール球を投げる。
そこから始めて、書きたいことを「どのように」書くかで文章の価値が決まる ということか。

痕跡
書き言葉は読み手がいなければ意味を発揮できない。思いを伝えることができない。
読んでもらえなければ、存在していないのと同じこと。ここをしっかり意図しなければ徒労になる。
文字化するということは、見えないものを読めるようにすること。
世界を自分なりに切り取るということなのだ。