枕草子のたくらみ

著者は山本淳子さんという方で、京都学園大学の教授だそうです。

枕草子」というと、高校時代の地獄の「古文」で、「春はあけぼの...」などと習いましたが、書店で、この「枕草子のたくらみ」を手に取って、しかも買うことになろうとは夢にも思っていませんでした。

読めば読むほどに面白い話が満載でした。何が面白かったかというといくつかありますが、突き詰めれば「藤原定子と清少納言の人間関係」に尽きます。皇后である定子が、一介の世話係の一人であった清少納言をかくも愛でたのかが、よ~くわかります。

平安時代に詳しくない人のために少し余計な補足をすると、藤原定子は藤原道隆の娘です。藤原道隆は、4家ある藤原の中で当時一番主流になっていた「北家」の棟梁(氏の長者)でした。が、今でいう糖尿病で斃れる。そうなると本来なら道隆の長男である藤原伊周が継ぐべきところ、道隆兄弟の末弟である藤原道長が棟梁となる。

ここから藤原伊周も、藤原定子も坂を転がりだします。

藤原定子の亭主は一条天皇で、この母が藤原詮子といい、道隆の妹で道長の姉だったのですが、この一条天皇の母詮子が泣いて頼んだのが藤原伊周ではなく、藤原道長が上に立つことでした。

で、道長は自分の娘である藤原彰子一条天皇に輿入れさせるわけです。定子にも男児が誕生していたのですが、結局は彰子が生んだ男児が後の後一条天皇になるわけです。

追い打ちをかけるように藤原伊周がバカなことをしでかし、検非違使に逮捕されるということが起き、そのことがあって定子は剃髪してしまうのですが、一条天皇のたっての願いもあって還俗し、西暦1000年の12月に次女を生みますが、その日に定子が亡くなります。

一条天皇の愛は定子に注いでいるのですが、当時の天皇には権力の後ろ盾がなければ天皇として機能することもできないという現実があって一条天皇としてもつらいポジションに置かれます。

零落した実家を持ったことが定子の不幸の始まりで、権力をかさにした道長による、あらゆる嫌がらせの中でも機知と文化を忘れることなくその思いに存分に応えた清少納言をこよなく信頼したことが「枕草子」を後世に伝えることになったわけです。

どれだけ道長一派に嫌がらせを受けても、それに対する嫌みの一つも書くことをしなかったことも「たくらみ」の一つであり、道長も「枕草子」を後世に伝えることに邪魔だてをしなかったわけです。

最大のたくらみは「定子への鎮魂の書」であったことだというのが著者の主張です。

そして枕草子の最大の価値は、ドキュメンタリー(事実の記録)であるということに尽きます。途上人物はすべて実在しており、のちに三蹟としてあがめられる藤原行成も、青年の貴族として清少納言に近親感を覚えた一人として登場してきます。

エピソード紹介

強烈なエピソードがいくつもありますが、なかでも強烈かつ鮮烈なエピソードを二つほど挙げておきましょう。

エピソードの1

994年のこと。定子は白い色紙と硯を女房たちに回して「思いついた古歌を書くように」と突然言い出します。清少納言は、

年経れば よはひは老いぬ しかはあれど
をし見れば 物思ひもなし

と書きます。これは800年代に権勢を誇った藤原良房が娘の明子を「」に見立てて

年経れば よはひは老いぬ しかはあれど をし見れば 物思ひもなし

と詠んだものを、とっさに「」を「」に読み替えて提出しています。そのまま「」として書いて出せば、清少納言良房と同じ摂政の立場となってしまうからなのだそうです。こういう機智を定子が好んだわけです

定子15歳、清少納言推定25歳のことです

エピソードの2

定子の兄の藤原伊周が女性の取り合いで誤解をし花山院に対して矢をかけるという狼藉を行い、藤原斉信道長に通報することで大ごとになります。この事件により藤原伊周は左遷されることになりますし、定子が剃髪することになります。

藤原斉信清少納言は親しかったようで、藤原斉信は落ち目になった定子から清少納言を引き離して道長派に組み入れようとして接触をしてきます。で、清少納言藤原斉信と縁を切り自宅に引きこもります。

定子付きの女官たちは清少納言が裏切ったと思っていたが、定子は何回も「まいれ」といってくるものの、清少納言は無視をしていた。

wikipedia

ある日、雑用係の女が定子の使いでやってくる。文はなく「山吹」の花びらが一重、紙に包まれており、その紙に「言はで思ふぞ」と書いてあった。これを見て清少納言は、再び出仕することにした。

その心は、当時の山吹色は「クチナシ」を使ったのだそうで、道長に寝返ったとうわさされても、一切申し開きをしない清少納言を「クチナシ」と例え、「言わなくてもわかっているよ」という意味になる。

そして、花が一輪であったことは

我が宿の 八重山吹は 一重だに 散り残らん 春の形見に

一重(すなわち清少納言のこと)だけでも残ってほしい というメッセージなのだそうです。

心には 下ゆく水の わきかえり 言はで思ふぞ 言ふにまされる

定子清少納言にそばにいて欲しいという強い気持ちを、たった一重の「山吹」に託し、その意図を汲み取る清少納言

まとめ

ということで、今から千年ほど前の日本のインテリの世界は、このような文化性を持っていたわけです。

いわば人間としての内面の世界を磨くために古歌や漢文を徹底的に学んでいたようです。文学の力とは、「人生」を描くことだと思っています。登場人物の人生を書くのだけれど、読んでいるうちに「自分だったら」というような思いを投影できるような描き方に文学の力を感じます。

春はあけぼの」に始まる流れるような文体を文学として愛でるのもありですが、描かれている人たちの心の機微に触れることで「ああ、日本に生まれてよかった」と思える重要な文学が「枕草子」であるということです。

そして、ワタシは、この「枕草子」から強い影響を受け、藤原氏を読み始め、現在「大鏡」を読み進めています。